タグ: Pelican の記事一覧

Page 1 / 1 « 最初 < 前 1 次 > 最後 »

  1. Github Pagesを独自のサブドメインで公開する

    以前, ブログをgithub pagesに移行した | 電脳手帳 で書いたように,このブログはGithub Pagesでホストされている。 しかし,過去に自作サーバで公開していたときのURL calcurio.com/blog を保持するために, Apacheのリバースプロキシを使っていたため,URL解決は自宅サーバに依存する形になっていた。

    Github Pagesだけでホストするように,サブドメイン blog.calcurio.com を割り当てることにする。

    » read more

    comments

  2. QFixHowmでPelicanのブログ記事を書く

    QFixHowmで記事を書いて,PelicanでWebに公開する。 このフローを簡単に実現したい。

    ちなみにOctpressとの連携ならWeb上に例があるが,Pelicanと連携した記事はない。 reStructuredTextなPelicanとMarkdownなQFixHowmの相性が悪いからだろうか。

    » read more

    comments

  3. スポンサード リンク
  4. ブログをgithub pagesに移行した

    このブログはpython製の静的ブログエンジン pelican でhtmlを作成している。 今までは自宅サーバのapache2でサイトを公開していたが,このたびgithub pagesでホスティングする ようにした。その手順をメモする。

    背景は以下の通り。

    • 自宅サーバ廃止にむけて,Webサイトを外部サービスへ移行したい
      • Wordpressの動的サイトもある
      • まずはpelicanのブログだけ移行する
    • github pages使ってみたい
      • もともとpelicanのテーマやconfファイルはgitで管理してた
      • htmlのデプロイ先もgitにしたい
      • でもreSTファイルは非公開にしたい
    » read more

    comments

  5. スポンサード リンク
  6. PelicanのMakefileを書き換えて便利機能を追加する

    Pelicanはmakeでブログを作っていく。最初からある機能はシンプルなもので,Tinkererのように記事の生成をする機能はない。そこで,自分で Makefile を書き換えて記事の管理機能を作ることにした。

    ちなみに,以前の記事: Pelicanで複数のサイトを生成・管理する でも Makefile を編集してマルチサイト機能を追加している。今回は,マルチサイトを前提に機能を追加していくことにしよう。

    » read more

    comments

  7. Pelicanで複数のサイトを生成・管理する

    Wordpressにはマルチサイト機能というのがあって,1つのWordpressで N 個のサイトを管理できる。サイト間でプラグインとかは共通にできるので,設定変更のたびにN個のサイトでポチポチ作業する必要がなくなって楽になる。(個人的にはWordpressのマルチサイトは無駄に複雑化すんので素直に複数インストールするが吉と思うが)

    Pelicanでも同じようなことをやってみた。

    » read more

    comments

  8. Pelicanの記事をVimで楽々編集する

    Pelican のブログ記事はreStructedTextで書くものだが,下記のようなメタ情報を書き込むのが面倒。

     1
     2
     3
     4
     5
     6
     7
     8
     9
    10
    Pelicanの記事をVimで楽々編集する
    ##########################################
    
    :date: 2015-01-22 16:51:58
    :modified: 2015-01-22 17:09:33
    :category: blog
    :tags: Pelican, Vim
    :slug: pelican-vim
    :authors: M\. Tsuyuki
    :summary: VimでPelicanのテンプレートと,更新日時を自動入力する方法を説明する
    

    こんなものは人間の仕事ではない。機械にやらせることにする。

    » read more

    comments

  9. render_mathのMarkdownにおけるレンダリング結果

    render_mathプラグインを使ってPelicanでもMathjaxを簡単に導入できる。導入方法はPelicanでMathJaxを使って数式を表示するを参照してほしい。導入方法の記事自体はreSTで書いたので,この記事ではMarkdownで書いたときのレンダリング結果を示す。

    Markdownでは式番号も簡単に付けられるので,数式を書くならreStructuredTextよりもMarkdownかな。

    » read more

    comments

  10. PelicanでMathJaxを使って数式を表示する

    Pelicanでもmathjaxを導入して数式を記述することができる。Tinkererなら,pipでsphinxのmathjaxプラグインを導入すれば良いのだが,PelicanはSphinxに依存しない(よね?)のでPelican独自のプラグインを導入しなければならない。これは,pipには無い(2015年1月21日時点では)のでgithubよりダウンロードする。

    » read more

    comments

Page 1 / 1 « 最初 < 前 1 次 > 最後 »

social