タグ: CUI の記事一覧

Page 1 / 2 « 最初 < 前 1 2 次 > 最後 »

  1. GNU Screenのウィンドウタイトルを自動設定する際に日本語の文字化けを回避する

    GNU Screenで複数のウィンドウを開くと,どのウィンドウで何の作業をしているか分かりづらい。これを区別する手段がウィンドウタイトルであり,GNU screenのウィンドウタイトルを自動設定 - 貳佰伍拾陸夜日記 の設定に従うとウィンドウタイトルに実行中のコマンド名か,カレントディレクトリの名称を自動設定できる。

    一方,(少なくともaptで入る version 4.06.02の) Screenではウィンドウタイトルに日本語を使えない。文字化けするとレイアウトが崩れてしまう。この問題はカレントディレクトリに日本語を含むときに特に問題になる。今回はScreenにパッチを当てるのではなく,日本語をローマ字に変換してからScreenにわたすことで文字化けを回避する。

    » read more

    comments

  2. ターミナル上で画像を表示するlibsixelを試してみた

    ssh接続先で数値計算結果を確認するため,matplotlibでグラフ画像を生成することはよくある。今までは画像ファイルをscpでローカルに転送し,表示していたがいちいちコピーするのは面倒だ。ssh先のcatコマンドで画像も表示できたらいいのになーとはよく思っていた。

    ところでw3mやemacsでは,ターミナルに画像を表示する機能があったはず。 ということで調べてみると,どうやらsixelという規格を使えばターミナルに画像を表示できるようだ。

    libsixel はsixelとして表示するためのプログラム。 libsixelと sixelに対応したターミナル を組み合わせれば,画像を表示できるはずだ。

    » read more

    comments

  3. スポンサード リンク
  4. jqコマンドで数値のキーをパースする

    jqコマンドはjsonを標準入力から受け付けていろいろやってくれるコマンド。 指定したキーの値を取り出すこともできる。しかし,数値がキーとなっている場合は ちょっとコツが必要であったのでやり方を記録しておく。

    » read more

    comments

  5. スポンサード リンク
  6. CRIUを使ってDockerのsnapshotを取る

    CRIU はプロセスのスナップショットを取れるツールであり, これを使えばDockerのコンテナのスナップショットも取れるという。

    スナップショット機能を使えば起動後のコンテナの状態をイメージ化して保存できるため, コンテナの起動時間短縮や,ライブマイグレーションに役立つ。

    この記事では CRIU を統合した開発版Dockerをコンパイルして docker snapshot サブコマンドを使えるようにすることを目指す。 現時点では成功していないが,近いところまでは来ている。

    » read more

    comments

  7. sshのport forwarding機能を使って公開されていないポートへアクセスする

    外部ネットワークのPC client-pc からプライベートLANの中のサーバ target へのアクセスは,踏み台サーバ ssh-gateway を経由したSSH接続しか許可されていないというのはよくあるシチュエーション。

    note-pc --ssh--> ssh-gateway --ssh--> target

    そんな状況下で,一時的にWebサーバを立てるため, target のポートを外に露出させたくなるのも良くあること。 これにsshのポートフォワーディングで対応する方法をメモしておく。

    » read more

    comments

Page 1 / 2 « 最初 < 前 1 2 次 > 最後 »

social