入れ子になったscreenのプロセス間でペーストバッファを共有する

スポンサード リンク

Screenを入れ子構造で起動すると,デフォルト設定ではペーストバッファはそれぞれ独立したものになる。外観は統合されているのに,これは不自然なので共有する。

難しいことはなく, .screenrc でファイルを通じてペーストバッファを読み書きするように設定するだけ。

# ペーストバッファを保存するファイル
bufferfile $HOME/.screen_exchange
# ペーストコマンドを実行するまえにバッファファイルを読み込む
bind ] eval 'readbuf'  'paste .'

以上。

Comments !

social