Dockerの操作をMakefileで楽にする

スポンサード リンク

コンテナのシェルに入るためにいちいち docker ps して docker exec -it hoge /bin/bash を打つのに疲れてきた。 定形作業は Makefile に書いて自動化することにした。

Makefile を以下に示す。

IMAGE=hoge-image
CONTAINER=hoge

build:
        docker build -t $(IMAGE) .
run:
        docker run -it \
                -v `pwd`/mountpoint:/backup \
                -p 8888:8888 \
                --name=$(CONTAINER) \
                $(IMAGE) /bin/bash
shell:
        docker exec -it $(CONTAINER) /bin/bash
clean: rm
        docker rmi $(IMAGE)
rm:
        docker rm -f $(CONTAINER)
rerun: rm run
stop:
        docker stop $(CONTAINER)
start:
        docker start $(CONTAINER)
restart: stop start

runの引き数をちゃんと書いておくと,デバッグも簡単になる。 以前はシェルスクリプト化して行っていたが,makeのほうが断然扱いやすい。

Comments !

social